東葛飾とは

下総と武蔵の間、江戸川を中心に南北に長く拡がる地域である“葛飾”。有名なのは東京都葛飾区や江戸川区の葛西。江戸川より東側の千葉県に属した地域が“東葛飾”になる。その略称が“東葛”。

水戸街道

市川市、浦安市(市制施行前は東葛飾郡浦安町)、船橋市も東葛エリアであるが、現在は葛南と区別されることも多い。

これは常磐線と総武線の地域性がそれぞれ独立し繋がりが少ないことによる。狭義の東葛は上記3市を除いた常磐線沿線地域。また、鎌ヶ谷市、白井市、印西市は、東葛地域ではなく、印旛もしくは北総地域となる。

千葉都民

地域西部は関東平野に位置し平坦の地勢であり、東側は台地と平野部の境目で高低差がある地勢と高台の平坦地になる。

マンション

千葉県の中心部と東京都の中間に位置しており、戦後急速に東京のベッドタウン化が進んだ。同地域には全国から都心への進学,就職のため上京した人が多く住み、このことから千葉都民とも呼ばれた。このため千葉県への帰属意識が希薄で県政への関心も薄い。

ベットタウン

地域と都心を結ぶ常磐線(水戸街道),総武線(成田街道,千葉街道)を中心に古くから栄え、昭和に北総鉄道、平成に東葉高速鉄道,つくばエクスプレスが開通し、住宅地としての開発が広域に拡がる。

電車

南北を武蔵野線,東武野田線,新京成電鉄などが走り、県内でも交通密度が高い地域。幕張新都心,成田空港,つくば学園都市と都心の中間に位置することや、都心と同距離(時間)の他県の地域と比べると地価が安いことなどから、各市とも人口流入が続いている。




柏市

千葉県の北部に位置し、北は利根川を境として茨城県と接し、東は手賀沼を望む。東西約18km・南北約15㎞・面積約114.90平方km。平成24年4月1日現在の人口404,252人(千葉県5番目)。平成17年、東葛飾郡沼南町と合併。

松戸市

千葉県の北西部・東京都との都県境に位置し、面積約61.33平方km。都心より約15km。下総と常陸を結ぶ陸路の要所として水戸街道の宿場町、物流の拠点として栄えた。平成25年1月1日現在の人口480,294人(千葉県3番目)。

流山市

千葉県の北西部に位置し、西側は江戸川を挟んで埼玉県と接している。面積約35.28平方km。平成25年2月1日現在の人口167,648人。

我孫子市

千葉県の北西部に位置し、利根川を境に茨城県と接している。面積約43.19平方km。平成25年2月1日現在の人口134,067人。

鎌ケ谷市

千葉県の北西部の中央に位置し、都心へのベッドタウンとして発展した。面積約21.11平方km。平成25年2月1日現在の人口108,718人。ほとんどは台地面の緩やかな平坦地。梨の栽培が盛ん。

白井市

千葉県の北西部の中央に位置し、千葉ニュータウンを中心としたエリア。平成13年4月1日に市制施行。面積約35.41平方km。平成25年1月31日現在の人口62,285人。読み方は「しらい」ではなく「しろい」。ほとんどは台地面の緩やかな平坦地。梨の栽培が盛んで、果樹園面積は千葉県第1位、全国でも第3位。古くは木下街道の宿場町でもあったが、農業が中心で、一部は幕府の小金牧であった。

印西市

千葉県の北西部の中央に位置し、千葉ニュータウンを中心としたエリア。平成8年4月1日に市制施行。面積約53.51平方km。平成25年1月31日現在の人口92,812人。三方を利根川、印旛沼、手賀沼に囲まれている。ほとんどは台地面の緩やかな平坦地。北部利根川沿いは平野の平坦地。

市川市

千葉県北西部、東京都の都県境に位置し、文教・住宅都市として発展。面積約57.40平方km。平成25年1月31日現在の人口468,442人(千葉県4番目)。北部は標高20m程度の台地、南部は標高2m程度の低地帯を形成されている。

船橋市

千葉県北西部に位置し、南北に長い地形は、南は東京湾、北は下総台地に接している。面積約85.64平方km。平成25年1月1日現在の人口612,657人(千葉県2番目)。海老川に船で架けた橋が由来。鎌倉期より見られる地名。昭和12年、船橋、葛飾、八栄、塚田、法典の町村が合併し成立。その後、二宮町、豊富村を編入して現在に至る。






中古マンション売買

「大切な財産であるお住まいに、様々な付加価値を提案することで、不動産が正しく評価され、買う方にも売る方にも安心してお取引をいただけるように取り組んでおります。」

プレシーク